無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ALF3300 Second Edition
    0

       ALF3300 Second Edition







      先月こそっと購入して主にエボ5MSに使っていますが、
      先代のFirst Edition(ここでは便宜上そう呼ぶ事にします)よりもパワフルな印象を受けます。
      他のLi-Feとは比較していませんので、そのあたりは正直何とも言えませんが・・・







      そんなSEでございますが、ちょいと問題が・・・


      エボ5MSの場合、バッテリーをアッパーデッキの下にもぐりこませるようにセットします。
      実際アッパーデッキとバッテリー天面との差はざっと1ミリくらい。

      単にバッテリー単体では問題ないのですが、細かい所で小問題。
      正規の取り付け位置ですと、ココ(−部分)のコネクタ部分とアッパーデッキが干渉して端子を付けれません。






      結局バッテリーコネクタのマイナス部分の保護チューブを切り、マイナスコードを端子に横だしになるよう半田付けしなおして・・・









      セット!
      コネクタの天面よりはみ出ないレベルで半田付けできたらギリで干渉しません。




      すでに高さ方向でギリギリなので次のバッテリーの選定はハラハラしますよ・・・
      | あやまっく | バッテリー関連 | comments(3) | - |
      バッテリーに思うこと
      0

         レースに欠かせないパワーソースの事を久々のネタに・・・


        最近NI-CD,NI-MHに変わって急速に幅を利かせてきている
        LI-PO,LI-FEですが、私はまだ持っていません。
        参加するレースのレギュレーションで持つかどうかを確定しているので、
        来年のタミヤレースでは手に入れないといけない・・・かも?
        と、思っています。



        そんな私が今使っている充電器ですが・・・


        (画像はメーカーサイトからの借り物です)

        「DEL COM EXP掘



        NI-CD,NI-MH専用モデルで、
        量販店でハイエンドシャーシーも買えるお値段は
        自分にとってはとっても高尚な充電器。

        購入当時、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しましたが
        役に立ってくれています〜。

        今回はコレを使っていて
        作業をしながら充電&放電を行う事が多く、数字の変化をぼんやり眺めて
        いるとて何となく「そうじゃないかな〜?」と思った事をつらつらと。



        ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


        私の場合、レギュの関係とラジコンの頻度のせいで動力バッテリーをよく眠らせてしまうのですが、眠ったバッテリーを起こす時は「それなり」の電流値を使った方がいいみたいです。


        自身の経験として、眠ったNI-MHバッテリーを高電流チャージのメニューでたたき起こす行為をすると、

        ・充電中の電池の電圧が、起きている電池より高めの数値を示す
        ・電流を流した時の電圧がピークで徐々に電圧が降下する

        という「ピークが初期にでてしまう現象」が発生してしまいがちで、特に電圧が初期で降下するような充電電流を流す充電は、バッテリーの寿命を縮めることになるようです。


        色々試してみましたが、NI-MHの電池は眠っているだけなら「起きる可能性がある」だけ。
        それ以外は基本的にダメみたいで、そういったバッテリーはレースに使うのはやめて「練習用」と
        割り切ったほうが良いようです。

        たくさん持ってバッテリーを腐らせる位なら
        「寿命が例え短くなっても回してガシガシ使え」と、言う所でしょうか。



        それと放電。

        私が現在持っているタミヤ3700HVはどのパックも
        「死んではいないけどあんまり働いていない電池がある」か、
        「充電量のばらつきが大きい電池たち」状態かに陥っています。

        このバッテリーはDELCOMを導入する前から使っていたので、寝かしている期間が長くて、起こる自己放電の個体差と、電池の眠り具合、起き具合による個体差が生んだ結果かもしれません。
        色々これも試しましたが、やり方が悪いのかバランスは改善しませんでした。

        こういった個別にセルの状態が見れない電池たちを相手にしていますので、
        ストレートパックの放電は一般的な
        1セルあたり0.9V、6セル合計で5.4Vにせずに、
        1セルあたり1.0V、6セル合計で6.0Vとしています。

         ※6セル中1セルが過放電して仮に0vに到達した時、
          残り5セルを1セルあたり1.2Vと仮定して、1.2×5=6(V)という計算。
          これだと過放電したセルをギリで守れる計算ですな。

        ちなみにタミヤ製以外のストレートパックは
        単セル放電をかけているのでバランスは大分良いです。 (´▽`*)



        そんな思いから今の私が思うNI-MHの見解は、

        レース以外の練習用パックは2〜3パック!
        ローテーションしてガシガシ使え!
        1日サルラジする時も回数は気にせずローテーションして追充!

        ・・・管理に気を使わない場合はコレっす。
        (あくまで個人的意見と言うことでお願い致しますm(_ _)m)





        とはいえ来年はタミヤレギュに従いLi-Feを導入予定。
        ・・・また充電器から選定ですな・・・orz 

        | あやまっく | バッテリー関連 | comments(6) | - |
        タミグラでのどたばた
        0

           さて、週末は完全に人間がヤレていてブログも何ともお堅い文章でも
          書くのがやっとでした。やっと・・・!

           

          ・・・と言いたい所ですがまだ疲れ気味ですね。 (;´∀`)アハハ-

           


          さて、そんなタミグラワイン城でのピットですが
          何とも最終ヒートというのは時間が読みづらいです。

          そんな中私が今回やらかしたミスですが・・・
          今回はバッテリーの問題が大きかったです。


          予選組み合わせを見て最終ヒートだったのを確認して何をトチ狂ったか
          自分メモに「最後」と書いてしまった事・・・orz

          もうお判りですよねw
          最終は最終でも第何ヒートかを明記するのが通常です。
          でないとバッテリーの充電開始タイミングが全く判りません。

          「最後」は「最後」でも第何ヒートかを改めて調べたのが大体第14ヒート位。
          空バッテリーから満充電するには見事にデッドライン直上・・・orz

           

          おまけに充電するバッテリーが違うことに気がついたのが充電かけて約7,8分後・・・ 
          労せずともデッドライン超え達成  o...rz

           

          おかげさまで高速炊飯モードでバッテリー炊いていました。
          最終ヒート2,3手前で計測トラブルがあって再スタートしたのがあったと思いますが、
          あのタイムロスもあってかろうじて間に合いました。

          時間の読みを間違えるとバカ見ます・・・

           

          それと親電源。これは事前の調査不足が原因でしたが
          決勝を前にして見事に親電源ダウン。後ろピットのしんぱぱさんよりサポート頂き
          事なきを得れました。アリガタヤアリガタヤ・・・

          あらかじめバッテリーの充電などをして、例え感覚的でも親電源の総容量を見ておくべきでしたね。
          まぁ今回の使い込みで大体判りましたので、当面は現地での0からのフル充電は止めて
          お家下充電+現地追充電で完全に残余裕のあるレベルの活動(+さらに予備)を
          することにより次からほぼ問題ないでしょう。

          最終的に予選2回(+決勝)の2(3)回分だけ良いクオリティのバッテリーができたら○なんだし、
          パフォーマンスを出す為に必要な容量の現地追充電で追い込めば問題ないかと・・・

          目的から逆算すると本当に必要なリソースは案外低い(・・・はず)。
          余裕を考えると新しい親電源も欲しいところですが、金銭リソースが・・・
          まだまだマシンにリソースを取られている傾向は当面続きそうです。


          と言う訳で、次回は「レース開始予想5分前にバッテリーが炊き上がる」を
          目標にやってみましょう(・∀・)

          | あやまっく | バッテリー関連 | comments(5) | - |