スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    コミュテーター研磨機レポート4
    0
      この機械上で一番重要かと思われる部分は
      「テーブルのX軸が動く仮想直線と、被切削物をセットする
      台の中心仮想直線が可能な限り並行であることである事」



      と書きました。
      この二つの軸が平行であれば理論上、
      コミュテーターの仕上がり外径は左右両端において同じ寸法に
      仕上がるはずです。

      ここで1つ疑問に思う事は、逆にどれだけ歪んでいれば目に見えて
      寸法差が出てくるのか?・・・という事なのですが、

      2次元の卓上計算で申し上げると
      コミュを支える台の左右で0.055の高さ(もしくは奥行き)の差が
      あればコミュテーターの仕上がり外径は左右両端で0.01変わる
      …という極めて小さい数字の差であります。

      このことを踏まえて機械の精度をチェックしてみました。
      検査2

      検査1

      写真のように0.01単位のピックゲージをシャフトに当て、
      横方向、高さ方向の2つを図ってみました。

      結果、ローターの長さに(約44.7ミリ)に対して
      高さ方向に約0.04の誤差、奥行き方向で約0.02の誤差が確認できました。
      先程の卓上計算の結果を照らし合わせるとこのレベルの差では
      コミュテーターの仕上がり外径は左右両端で0.01以下の感じではあります。


      機械精度の目標としてはローターをセットする台の左右距離に対して
      できるだけ0.01以内を目指してみました。

      ちなみに私の持っている機械はローターの長さに合わせて
      セットするブロックも調整できるようになっているのですが、
      構造上位置決めが存在していないので、基本的には調整したら
      固定して、動かさない前提でないと良い結果は望めそうにありません。
      こういう意味でも位置決めが出来るモデルは良いと思います。
      (勿論位置決めが狂っているようでは論外なのですが(笑))

      私の持っている機械では1ミリくらい台を大きめにセットしておいて
      それに伴い発生するローター左右のガタは
      スペーサで対応したほうがよさそうです。


      先日、高価格であるのHUDYの機械を見させていただいたのですが
      同じような測り方で機械の精度を見てみましたら、
      誤差は0.01くらいでした。すばらしいっす。


      あまりにも細かいレベルですので、実際のこれくらいの寸法差で
      どれくらいの性能差が出るのかは判りませんが、
      やはり加工するのでしたら良い結果を望みたいと思いましたので
      こういった調整をしてみました。


      次回は加工について書こうと思います。

      (つづきます)
      | あやまっく | コミュ研うんちく | comments(2) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        2007/09/25 12:12 PM posted by: yana
        こんにちわー
        タミグラではアドバイス頂き有難うございました。
        ボクもコミュ研の導入を検討してる所なので楽しみに拝見しております。
        予算的な問題もありますし鷲製の使い心地はかなり気になりますよ。
        2007/09/26 1:07 AM posted by: あやまっく
        >yana さん

        こん○○は
        タミグラは楽しめましたか?また同じ日のレースに
        なった時はよろしくお願い致します。

        鷲製はハイエンドと比べると、
        「全体的に少しづつ劣る事があるかもしれない。」
        という感じでしょうが、これはこれで良いですよ(^^
        name:
        email:
        url:
        comments: